松尾の丸

松尾の丸江戸時代の藩主の御殿を再現
松尾の丸は江戸時代初期の書院造りの御殿として、時代考証のうえ1979年(昭和54年)に建築された。
建物は御座の間、茶室、御寝所、湯殿、台所、御蔵などからなる。
このうち湯殿は、国宝である西本願寺の飛雲閣のものを模したこけら葺きの総桧造りである。


施設案内と料金

入館料 (共通券) 大人620円 高大470円 小中360円
団体大人520円 団体高大340円 小中170円

☆障がい者の方は1名につき付添1名の計2名が無料で、すべての有料施設に入館できます。窓口にて障がい者手帳をご提示ください。なお、飫肥城は、バリアフリーになっていない有料施設がございますので、車椅子等を使用される方は事前に確認されることをお勧めします。

※共通券は、飫肥城有料施設7ヵ所すべてに入館できます。
20名以上で団体料金となります。
開館時間 9:30~17:00(最終受付16:30)

※料金等詳しい内容につきましては、小村記念館へお問い合わせください。

アクセス


大きな地図で見る

松尾の丸” への2件のコメント

  1. ピンバック: 匿名

  2. ピンバック: 松尾の丸の障害者割引 | 障害者手帳で行こう!~全国版~